スキンケア:美しい肌、美肌になる方法のTOPに戻る

紫外線、UVと美肌


 暖かい季節、春から夏にかけて、紫外線も気になってきますよね。

 3月から9月にかけては、紫外線の量がとても増加する時期です。紫外線は乾燥やシミ、シワやたるみなど、非常に多様なお肌のトラブルの原因になります。

 美肌のためには、紫外線対策の方法をしっかりする必要があります。

 そこで、まず紫外線について知っておきましょう。

 紫外線にはA波とB波があります。

 太陽光を浴びると、日焼けしてしまいます。これは太陽光線に含まれる紫外線B波によるものです。

 表皮と真皮の間にあるメラノサイトにメラニンを作らせて肌を黒くするのです。

 B波は、防止や日傘である程度防ぐことができます。日焼けを防ぐには、ちょっとした心がけで対策できるというわけです。

 もし日焼けしてしまった場合は、まずは冷やし、保水して対処しましょう。


 そして美肌の天敵ともいえるのが、A波です。

 A波はお肌にとって大切なコラーゲンを破壊してしまいます。

 コラーゲンが破壊されると、肌は新陳代謝が乱れ、保水力を失い、見た目にもカサカサして透明感がなくなってしまいます。

 そのままの状態が続くと、肌はハリを失ってくすみが生じます。そして老化への道をたどってしまうというわけなのです。

 恐ろしい紫外線A波ですね。A波は曇っている時や、UVカットガラスも突き抜けてしまうので注意が必要です。

 お家の中や、車の中にいるから大丈夫、と安心してはいけません。

 見た目には変化がなくても、お肌の下には、シミの元になるメラニンが蓄積されてしまうのです。

 紫外線が強くなってくる季節は、たとえ外出しない日でも、日焼け止めクリームを塗るなどして、紫外線対策をしておくほうが良いでしょう。